ミニドレスの選び方とは|着こなし術を伝授

ドレス

若々しく明るいイメージ

ドレスを着た人

着回しのよさ

華やかな場にふさわしいミニドレスは、さまざまなシーンで活躍するファッションアイテムです。結婚式の披露宴やおよばれにもミニドレスを上手に着こなせば、女性としての品の良さや美しさをアピールすることにつながります。ミニドレスの丈は、一般的に膝より上のラインにあればミニドレスとなり、女性の足を魅力的に見せてくれる効果ももっています。そして何より、ミニドレスを着ると実年齢よりも若々しく見られることも多く、若々しさをアピールしたいときにはもってこいのファッションアイテムです。また、日本人女性の平均身長は高くなったとは言え、欧米人に比べるとまだまだ小柄な女性が多いものです。セクシーさをアピールできるロングドレスは、小柄な女性が着てもうまく着こなせないことが多く、どことなくバランスの悪さのほうが目立ってしまいます。その点、ミニドレスは丈が短く足をすっきりと見せることができるので、身長があまり高くない女性でも比較的バランスがとりやすく着映えもします。ミニドレスはどちらかというとセクシーさをアピールするよりも、可愛らしさをアピールする力が強いファッションアイテムです。日本人はどちらかというとセクシーさよりも可愛らしさを好むので、男性受けもばっちりです。また、ミニドレスは明るい女性を印象づけるので女性受けもいいでしょう。シンプルなデザインのミニドレスを1枚もっておけば、着回しがきく上にアクセサリーや小物類で変化をつけると同じものを着ているとは悟られにくいです。